觀光經濟新聞社 – 日本溫泉100選 (2020年)

日本觀光經濟新聞社在每年都會公布日本溫泉100選排名結果,2020年12月底公布的2020年第34屆排名依舊是草津(群馬)為第一,接續是別府(大分)、下呂(岐阜)、有馬(兵庫)、指宿(鹿兒島)。前面顯著排名提升的包括山中溫泉(石川,#22,去年#39)、飛騨高山(岐阜,#28,去年#42)、あわら(福井,#31,去年#41)、修善寺(靜岡,#33,去年#45)、層雲峽(北海道,#49,去年#97)。而明顯後退的包括十勝川(北海道,#35,去年21)、四万(群馬,#40,去年#30)、雲仙(長崎,#41,去年23)。

草津溫泉連續18年排名第一·,日本湧出的天然溫泉數量最多。強酸性的溫泉水具有很高的殺菌性。
圖片來源: 観光経済新聞

選拔方式是透過日本旅行社社員、旅行專家等2萬多人參與,具有一定的參考價值(但排名順位就不用太在乎前後順序了)。

別府八湯是別府市溫泉地區的總稱。
圖片來源: 観光経済新聞
下呂溫泉被稱為“日本三大名泉之一”,泉質屬鹼性單純泉,入浴後皮膚質感光滑,帶有硫黃的氣味。
圖片來源: 観光経済新聞
閱讀全文 觀光經濟新聞社 – 日本溫泉100選 (2020年)

觀光經濟新聞社 – 日本溫泉100選 (2019年)

日本觀光經濟新聞社在每年都會公布日本溫泉100選排名結果,2020年依舊是草津(群馬縣)為第一,接續是別府(大分)、指宿(鹿兒島)、有馬(兵庫)、道後(愛媛)。前面顯著排名提升的包括箱根(神奈川,去年17,今年9)、熱海(靜岡,去年28,今年17)、十勝川(北海道,去年31,今年21)。首次進榜的包括山鹿、平山(熊本)、下田(靜岡)、玉川(秋田)等。掉落較多的是鳴子(宮城,27)、山代(石川,31)、藏王(山形,33)、山中(石川,39)、飛騨高山(岐阜,42)。

選拔方式是透過日本主要的旅行社投票,具有一定的參考價值(但排名順位就不用太在乎前後順序了)。

閱讀全文 觀光經濟新聞社 – 日本溫泉100選 (2019年)

さすらい温泉 遠藤憲一 (漂泊溫泉 遠藤憲一)

溫泉與女演員一覽

草津温泉 奈良屋 (群馬 )ともさかりえ
奥那須 北温泉旅館 (栃木)山口紗彌加
下部溫泉  大市館 裕貴屋 (山梨)大場美奈
渋温泉 歴史の館 金具屋 (長野)山崎静代
法師温泉 長寿館 (日本秘湯を守る会 ) (群馬)佐々木すみ江・堀田真由
箱根強羅温泉 日本の美と遊ぶ宿 天翠茶寮 (神奈川)加藤貴子
南熱海網代山温泉 竹林庵みずの (靜岡)酒井若菜
伊香保温泉 千明仁泉亭 (群馬)松本若菜
修善寺温泉 新井旅館 (靜岡)阿部純子
銀山温泉 古山閣 (山形)伊藤ゆみ・石崎ひゅーい  
養老渓谷温泉 渓谷別邸 もちの木 (千葉)野波麻帆
薬師温泉 旅籠 (群馬)笛木優子 ・ 西野翔

2020年 日本飯店旅館100選出爐

總合Top 10

1 位 加賀屋(石川県 和倉温泉)
2 位 稲取銀水荘(静岡県 稲取温泉)
3 位 八幡屋(福島県 母畑温泉)
4 位 白玉の湯泉慶・華鳳(新潟県 月岡温泉)
5 位 指宿白水館(鹿児島県 指宿温泉)
6 位 草津白根観光ホテル櫻井(群馬県 草津温泉)
7 位 日本の宿 古窯(山形県 かみのやま温泉)
8 位 水明館(岐阜県 下呂温泉)
9 位 ホテル鐘山苑(山梨県 富士山温泉)
10 位 いぶすき秀水園(鹿児島県 指宿温泉)

閱讀全文 2020年 日本飯店旅館100選出爐

鹿兒島 霧島溫泉 霧島ホテル

霧島溫泉在霧島山的山腰,天氣好的時候可遙望鹿兒島海灣和櫻島。 日本最早被指定為國立公園的霧島,受惠於霧島連山的雄偉大自然,並且山腳湧出溫泉。霧島市有大小各個溫泉地,有「霧島神宮溫泉鄉」、「霧島溫泉鄉」、「妙見、安樂溫泉鄉」、「日當山溫泉鄉」4 處

閱讀全文 鹿兒島 霧島溫泉 霧島ホテル

鹿兒島 指宿 白水館

2019年日本人氣日歸溫泉排名

#1位 仏生山温泉 天平湯(香川県高松市)

#2位 鶴の湯温泉(秋田県仙北市)

#3位 酸ヶ湯温泉(青森県青森市)

#4位 鹿の湯(栃木県那須町)

#5 位砂楽(鹿児島県指宿市)

#6位 ラムネ温泉館(大分県竹田市)

#7位 西の河原露天風呂(群馬県草津町)

#8位 長島温泉 湯あみの島(三重県桑名市)

#9位 御所の湯(兵庫県豊岡市)

#10位 豊平峡温泉(北海道札幌市)

日本觀光新聞社 2018日本溫泉排名


草津

總排名

  1. 草津 (群馬)
  2. 別府八湯 (大分)
  3. 下呂 (岐阜)
  4. 指宿 (鹿兒島)
  5. 道後 (愛媛)
  6. 有馬 (兵庫)
  7. 登別 (北海道)
  8. 和倉 (石川)
  9. 由布院 (大分)
  10. 城崎 (兵庫)

其中草津溫泉在氛圍、泉質分類上排名第一,而觀光體驗豐富度上第一名是指宿溫泉,飲食排名第一的則是石川縣的和倉溫泉。

資料來源: 日本觀光經濟新聞